職業と人材をマッチングさせることの難しさ

職業と人材をマッチングさせることの難しさ

楽しく働くというのは、一見簡単なようで難しいものなのではないでしょうか。大学で理系を学んでいたとしても理系の仕事が合うわけではなく、その人それぞれに合う仕事というのがあるのだと思います。企業が希望する職種と人材がマッチングすることは、もしかすると稀なことなのかも知れません。企業というのはたいてい、どの大学出身であるか、どのような資格を持っているか、などの表面的に見える部分を重点的に面接してしまいます。ですので、実際に職場で働いてみると、こんなはずではない、という状態になることも多いと思います。そういったことがあると、企業も人材も不利益を蒙ってしまうことになりかねません。どんなに気をつけて採用したとしても、職業にうまくマッチング出来ないことを避けるのは、なかなか難しいものです。そういったマッチングミスのようなものを避けるには、実は、企業側ではなく、求職者側が大事になってくるのではないかと思います。一見、企業と求職者という関係を見ると、企業のほうが強い立場に思われると思います。しかし、企業は希望を出してくれた人材から選ぶことしか出来ません。どんなに魅力的な人材を希望しても、集まった中からしか選ぶしかありません。しかし、求職者は自分が希望する企業を選ぶことができるのです。そのときに、学んできた科目や専門分野だけでなく、自分の性質や特徴などの内面的な部分をしっかり見極めて職種を選ぶことが、マッチングミスを防ぐことが出来る唯一の手段なのだと思います。

新着情報

おすすめサイト

関連情報